外壁塗装で後悔しない色の選び方

 

風水を使った色選びについて

風水を使った色選びについて

外壁の色選びとして近隣の中でも、見栄えの良いものにしたいであるとか、最新のカラーリングにしたいという意識はその不動産所有者にあります。そして、デザインとしてもうつくしい色使いにしたいという美的センスの重要さもあります。外壁の色選びに風水を導入したいとして、その知識を増やしたいと思うのも、勉強のはじめです。もともと風水とは、建築学の中でも日本庭園にあわせたやり方として発展した側面があります。これは、風通しの良い家屋設計・建築として、春夏秋冬を通じて快適に暮らせる仕組みとして、それから営業店舗であれば顧客のよろこびそうな店舗設計・建築様式を持とうとする表れです。ただし、この壁面の色にすれば、業績が好調になるという意味は、お金に直結したものとして、元来の庭園建築や家屋建築の流れの基本からすれば、外れた概念となり、資金をなんとかしたいという意味では、善良な風水とは言えません。それは、人々がよろこんでくれそうなデザイン学として認識すべきの建築学の範疇になります。

風水


風水と色の関連として、まずデザインの色相環の勉学からはじめるとよいでしょう。これは、暖色系と呼ばれるものに、オレンジや赤という色があり、冷色系と言われるものに、ブルーやブルー・グリーンがあります。この風水の考え方では、店舗としては客が入りそうな目的の色使いをする必要があり、その店舗内の商材の雰囲気にもよります。そして、一般家屋では、その暖かなイメージとして暖色系ペールを使用するのが一般的に好ましいです。これは建築内部に何を内包しているのかをイメージしやすいという観点から、温かい家族が住んでいれば、暖色系グレーに一般家屋壁面を調整するのが望ましいでしょう。ただし、店舗でグラス張りになっているところでは話は違います。宝石店では、その内装に黒系を使用するのが一般的で、それは、ダイヤモンドが強く輝くためという店舗の理由があります。そして、公的な設備であれば、その内容として市民が通過する箇所であるので、イメージアップというよりもグレーのイメージで統一するのが普通になります。テナント集合オフィスビルディングでは、その内在営業所の集合ですので、当たり障りのないグレー系であわせるのが一般的になります。

かっこよさという点で考えると、建築の意味はその環境の中のひとつという考え方を行わなくてはなりません。つまり、一般住宅地のなかで奇抜な色は一軒だけ浮いてしまいますので、控えなくてはなりません。そして、商業用地の場所でも、一箇所だけの建物が周囲の色合いにそぐわないと近隣の商業体系が迷惑する意味になります。これは、壁面の色選びとして、近隣に迷惑をかけずに集客を果たすという、良いイメージの看板と同じ意味合いになります。つまり、壁面色はある種の看板と同じ意味になるのです。これを風水に当てはめた考え方をすることが必要です。風水は、風の流れ・水の流れと書きますが、人の流動性にそれを当てはめるのであれば、人々が通過するひとつのポイントということです。つまり差し障りなく、人が店舗前や店舗の中を通過して、人通りの良さという点で、イメージアップしていかなくてはなりません。集合店舗用地であれば、その通過ポイントのそれぞれで、それぞれの集客の良さをデザインしていかなくてはならないのです。このような考え方はヨーロッパの伝統的な店舗立地街路によく表れていて、どの店も伝統様式を守った上で、陳列やそのショーケースで他店との違いを演出します。伝統様式としてレンガ式であるなら、他店とは違う色を同じパステル調で変えていきます。パン屋がグレーのレンガであれば、酒屋はブルー・グレーで合わせるなどのアレンジで対応するのです。


集客というのは宅地でもテナントでも同じです。一般宅地であれば、その住居におきゃくさんが来るのはのぞましいことになり、それをもって、人々は風通しの良い家としての評価をします。あまりに客の入り用が多いとそれも問題ですが、住居にお客さんが来ることは好ましいことです。そして、それがテナントであるなら、その集客の割合に従って、商談が進むかどうかという話もあります。これは、率の問題ですが、集客の段階でそれが心地よく運ばれれば、その機運も高まるでしょう。ですので、その壁面の色使いがどこにイメージされているかが重要です。ちょっと立ち寄って、休息してほしいなら、安堵するイメージとして、グリーンパステル調がいいかもしれません。そして、1時間は休んでいってほしい店舗であるならオレンジグレーのライト系の色使いで良いでしょう。これらは、人のイメージに関わることとして、カラーコーディネートの専門職もありますので、専門家に相談してみてください。そして、一般家屋であるなら、疲れないあたたかなイメージ配色が重要になります。